logo
Kickstarter

テレビやスマホ、PCを空中ジェスチャー対応にする「Glamos」--空間に仮想タッチパネル

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの「Pixel 4」はレーダーセンサーによるジェスチャー検知技術「Soli」を搭載しており、画面の手前で手を動かすとさまざまな操作ができる。画面に触れる必要がなく、慣れると便利に使えそうだ。

 そんなジェスチャー操作を既存のPCやスマートフォン、テレビなどでも実行可能にする「Glamos」が、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場したので紹介しよう。

テレビやスマホ、PCを空中ジェスチャー対応に(出典:Kickstarter)
テレビやスマホ、PCを空中ジェスチャー対応に(出典:Kickstarter)

 Glamosは、サイズが37×34×27mm、重さが17.7gというコンパクトなデバイス。USBでPCやスマートフォン、スマートテレビなどに接続すると、仮想的なタッチパネルが空間に作り出され、かざした手や足などがジェスチャーと認識される。この仮想タッチパネルを見通した先にUSB接続した機器の画面を配置しておくと、空中ジェスチャーで機器を操作できる、という仕組みだ。

手のひらサイズのデバイス(出典:Kickstarter)
手のひらサイズのデバイス(出典:Kickstarter)
空間に仮想タッチパネルを作る(出典:Kickstarter)
空間に仮想タッチパネルを作る(出典:Kickstarter)

 ジェスチャーは、レーザー距離計測センサーのLiDAR(ライダー)で検出する。Glamosから半径約1m、180°内の面が検出エリアとなり、スマートフォンの小さな画面から大きなテレビまでカバーできるとしている。

ジェスチャーをLiDARで検出(出典:Kickstarter)
ジェスチャーをLiDARで検出(出典:Kickstarter)
大きな画面もカバーできる(出典:Kickstarter)
大きな画面もカバーできる(出典:Kickstarter)

 設定は、操作対象の機器とUSB接続するだけで済み、特別なインストール作業や専用アプリは不要。離れているスマートフォンやタブレット、リモコンの見当たらないテレビ、プレゼンテーション用スクリーンなどが、空中タッチ操作できるようになる。汚れている手で画面に触れる必要もなくなり、料理などの際も便利だろう。

設定は容易(出典:Kickstarter)
設定は容易(出典:Kickstarter)
さまざまな操作が可能(出典:Kickstarter)
さまざまな操作が可能(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間3月1日まで。記事執筆時点(日本時間1月23日15時)でキャンペーン期間は37日残っているが、すでに目標金額1万ドル(約110万円)の7倍近い約6万8000ドル(約745万円)の資金を集めている。

Glamosの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]