logo

Visa、米フィンテック企業のPlaidを53億ドルで買収へ--アプリと銀行口座の連携サービス

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Visaは、スマートフォン用アプリと銀行口座を連携させる金融サービスの米Plaidを買収する(VisaPlaid)。買収金額は53億ドル(約5834億円)。

フィンテック企業のPlaid(出典:Plaid)
フィンテック企業のPlaid(出典:Plaid)

 Plaidは、決済機能を有するスマートフォン向けアプリやサービスと、ユーザーの銀行口座を結びつけるフィンテックサービスを提供している企業。2013年に創業し、本社をカリフォルニア州サンフランシスコに置く。

 Plaidのサービスを利用すれば、AcornsやBetterment、Chime、Transferwise、Venmoといったアプリやサービスのアカウントと銀行口座を、安全に連携させられるという。現在、銀行口座を持っている米国市民の4分の1がPlaidを利用中で、2600種類以上のアプリと、米国、カナダ、欧州の1万1000社以上の金融機関が接続されているそうだ。

アプリやサービスと銀行口座を結びつける(出典:Plaid)
アプリやサービスと銀行口座を結びつける(出典:Plaid)

 買収金額の53億ドルは、Visaが現金および債券発行でまかなう。買収手続きは、3カ月から6カ月後に完了すると見込む。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]