logo

1時間単位コンサルの「ビザスク」、初の海外拠点をシンガポールに開設

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1時間単位のスポットコンサルでマッチングするナレッジシェアプラットフォーム「ビザスク」を運営するビザスクは1月10日、同社初となる海外拠点としてシンガポールオフィスを開設し、業務を開始したと発表した。

 シンガポールオフィスの代表兼アジアオペレーション・ディレクターには、Guidepointでアジアのディレクターとして同地域のビジネスとサービス展開に従事していたLeong Loh氏が就く。


シンガポールオフィス代表兼アジアオペレーション・ディレクター Leong Loh氏

 現在、ビザスクのスポットコンサルを導入する大手企業クライアントは約400にのぼり、新規事業開発における業界研究やニーズ調査、マーケティング、グローバル進出など、さまざまなシーンで活用されているという。

 同社では創業当初から、地域・国を超えてビジネス知見をつなぐことの価値の高さや与えるインパクトの大きさに鑑み、グローバル展開を見据え事業を成長させてきたという。クライアントからの海外案件にも注力しており、海外アドバイザーの登録者数は1万人を超え、これまでに30カ国を超えるマッチング実績があるとのこと。

ナレッジシェアプラットフォーム「ビザスク」
ナレッジシェアプラットフォーム「ビザスク」

 新たにシンガポール拠点の開設や現地採用を進めることで、東南アジア地域を中心に、より多様な国籍のアドバイザー獲得と、スムーズなマッチングオペレーションを進め、同地域の法人クライアントへの認知拡大を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]