logo
CES 2020

ソニー「次のメガトレンドはモビリティ」--CESで安心安全を追求した試作車を披露

加納恵 (編集部)2020年01月07日 11時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月7日、米ネバダ州ラスベガスにて開催される「CES2020」において、試作車を展示すると発表した。モビリティにおける安心・安全、快適さやエンタテインメントなども追求する取り組みを「VISION-S(ビジョン エス)」として推進する。

VISION-Sのコンセプトモデル
VISION-Sのコンセプトモデル

 試作車は、イメージング・センシング技術のほか、AIや通信、クラウド技術も活用した車載ソフトウェアの制御により、機能が継続的にアップデートされ続けるとのこと。車内外の人や物体を検知・認識し、高度な運転支援を実現するために、ソニーの車載向けCMOSイメージセンサーやToFセンサーなど数種類のセンサーを合計33個配置する。音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」を、各シートに内蔵されたスピーカーで提供。フロントシート前方にはパノラミックスクリーンを搭載する。

車室内
車室内

 現地時間1月6日に開催した記者会見で、ソニー社長兼CEOの吉田憲一郎氏は「過去10年の間、スマートフォンをはじめとするモバイルが私たちの生活を根本から変えたと言っても過言ではないが、次のメガトレンドはモビリティだと信じている」とコメントした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]