「ラブライブ!」ニジガク初の単独ライブで見た“9人の個性が輝くステージ” - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2019年12月29日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでのμ'sとAqoursでは、9人ユニットとしてのステージパフォーマンスをメインとしていたが、ニジガクではソロ活動がコンセプトとなっている。そのためライブでは、それぞれメンバーのソロ曲を2曲ずつ披露する形となっていた。そのうち1曲は、メンバーのステージ映像をスクリーンに上映し、それにあわせたパフォーマンスを行っていた。また幕間では、スクスタのストーリーパートをほうふつとさせるミニドラマが上映。舞台裏やステージに向かうメンバーの心情などが描かれていた。

 ソロのトップバッターを務めた大西さんは、ピンクのコンサートライトで染まるなか、「夢への一歩」と「開花宣言」を披露。成長していく姿を描いた楽曲を丁寧に歌い、真っ直ぐな気持ちを歌にのせて伝える姿は、真心系スクールアイドル歩夢がイメージでき、見守りたくなり、そして応援したくなるステージとなっていた。

大西亜玖璃さん(上原歩夢役)
大西亜玖璃さん(上原歩夢役)
「夢への一歩」
「夢への一歩」

 間髪入れず登場した相良さんは、ステージの2階部分から登場し「☆ワンダーランド☆」を披露。映像にはお城やたくさんのフラッグ、そして曲の後半では相良さん自らも大きなフラッグを手に歌唱。イエローのコンサートライトで染まる場内もあわさって、さながら“かすみん王国”と思えるような光景が広がっていた。そして「ダイアモンド」は場内一体となった“LOVEかすみん”のコールも響き渡り、小悪魔系スクールアイドルかすみの“私かわいい”という思いが伝わるステージが展開された。

相良茉優さん(中須かすみ役)
相良茉優さん(中須かすみ役)
「ダイアモンド」
「ダイアモンド」

 前田さんは、白い傘を手に赤いコートを着用して登場。その姿で披露した「オードリー」では、演技派系スクールアイドルしずくの“大女優”感を全開。映画風の映像演出を背景に芯のある歌声を響かせ、表情や目線ひとつひとつにもこだわりを感じさせるような、見ている人たちを引き込むステージとなっていた。また、コートを脱ぎステージ衣装で披露したバラード曲「あなたの理想のヒロイン」では、しずくの等身大の姿を歌でを表現していた。

前田佳織里さん(桜坂しずく役)
前田佳織里さん(桜坂しずく役)
「あなたの理想のヒロイン」
「あなたの理想のヒロイン」

 トロッコに乗って登場した村上さんは、会場中をめぐりながら「友&愛」を披露。「友」と「愛」のコールや、愛の特長でもあるダジャレを交えたメッセージなどで場を盛り上げていく。ステージに戻ってからの「めっちゃGoing!!」でも、愛の明るさと元気を表現するように歌唱。スマイル系スクールアイドル愛の、自身も見ている人も笑顔になるステージとなっていた。

村上奈津実さん(宮下 愛役)
村上奈津実さん(宮下 愛役)
「めっちゃGoing!!」
「めっちゃGoing!!」

 田中さんは、近未来を感じさせる「ドキピポ☆エモーション」を披露。璃奈は普段素顔を出さず「璃奈ちゃんボード」で表情を表現しているのだが、この曲中でも田中さんが璃奈ちゃんボードを持ってコールを行う姿も見られた。また「テレテレパシー」ではトロッコに乗り込み、ステッキを手に歌唱。キュート系スクールアイドル璃奈の思いを伝えていた。

田中ちえ美さん(天王寺璃奈役)
田中ちえ美さん(天王寺璃奈役)
「ドキピポ☆エモーション」
「ドキピポ☆エモーション」

 鬼頭さんは、マイペース系スクールアイドル彼方が放つ“眠り姫”感と夢の世界を表現。ステージ上でスモークがたかれ、幻想的に見えるステージ上で「My Own Fairy-Tale」を披露。柔らかい歌声で独自の世界観を作り出していたのに続き、「眠れる森に行きたいな」では、見ているこちら眠りにいざなうようなゆったりとした楽曲を歌い、ステージ上に用意されたベットで「おやすみ」と言いながら眠りについていた。

鬼頭明里さん(近江彼方役)
鬼頭明里さん(近江彼方役)
「眠れる森に行きたいな」
「眠れる森に行きたいな」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]