logo

中国DiDi、NVIDIAと技術提携--「NVIDIA DRIVE」でレベル4自動運転を実現へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAと中国ライドシェア大手の滴滴出行(DiDi Chuxing)は、自動運転技術とクラウドコンピューティングの分野で提携すると発表した。

自動運転向け技術プラットフォームのNVIDIA DRIVE(出典:NVIDIA)
自動運転向け技術プラットフォームのNVIDIA DRIVE(出典:NVIDIA)

 DiDiは、データセンターでNVIDIAの仮想GPU(vGPU)などを使い、機械学習アルゴリズムのトレーニングを実施する。さらに、自動運転向け技術プラットフォーム「NVIDIA DRIVE」を導入し、ドライバー不要で走行可能なレベル4自動運転車の実現を目指す。

 NVIDIA DRIVEは、自動車に搭載するカメラやライダー、レーダーといったセンサーから得るあらゆる情報を集約し、ディープ ニューラルネットワーク(DNN)で処理する。そして、周囲の状況把握、動作の決定などを実行し、自動運転を可能にする技術。

NVIDIA DRIVEの紹介ビデオ(出典:NVIDIA/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]