logo

Androidアプリのデータ紛失問題を修正した「Chrome」が公開

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年12月19日 10時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月17日、「Chrome 79(79.0.3945.93)」をリリースした。Chrome 79では、「WebView」を利用する一部の「Android」アプリが保存データにアクセスできなくなる問題が生じていた。Googleはこの問題を受け、アップデートの配信を停止していた。

Chromeのロゴ
提供:Stephen Shankland/CNET

 WebViewは、Androidアプリでウェブコンテンツを表示できるようにするもの。「Chrome 79」と関連するバージョンのWebViewは、データを削除していたわけではなかった。先週配信が開始されたChrome 79には、アプリがデータにアクセスできなくなるという不具合が含まれており、それによって、保存したゲームやゲーム内特典にアクセスできないなどの問題が発生していた。

 影響を受けたユーザーは、当初考えられていたよりも少なかった。バグレポートでは、配信が停止された時点でAndroidユーザーのうちの50%にソフトウェアが配布済みだったと報告されていたが、実際にアップデートが配布されていたのは15%未満だった。

 この問題は、開発者がブラウザにデータを保存したり、WebViewがデータを保存したりするために使用される可能性のある、複数のプログラミングインターフェースに影響を与えた。それには、Service Workers、AppCache、File System、localStorage、IndexedDB、WebSQLなどが含まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]