logo

KDDI、ランニングフォームの自動解析や無人ショップの実証実験--竹橋「Run Pit」で - (page 2)

坂本純子 (編集部)2019年12月19日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

単純作業をオートメーション化へ--無人化の取り組み

 無人化の取り組みは、edison.aiによる無人ショップで、日本および米国の特許を取得した商品解析に強みを持つ画像解析技術を用いたもの。商品にICタグなどを付ける必要がなく、安価な低解像度のカメラでレジなし化を実現している。

セルフレジなど必要なしに、カメラ+センサーで無人店舗を実現
セルフレジなど必要なしに、カメラ+センサーで無人店舗を実現

 edison.ai CSOの山浦真由子氏は、「無人店舗が普及していない理由は、コスト構造にある。高精度なカメラを必要とし、高画質な画像処理をするためカメラやサーバのコストが高い。それを解決するソリューションを持っている。ソーシャルメディアの投稿画像の解析をしていた経験から、ラベルが隠れていたり暗かったりするなどの悪条件でも対応できるのが強み」と説明した。

商品の判定に特化した画像解析エンジンを長年研究開発してきた強みがある
商品の判定に特化した画像解析エンジンを長年研究開発してきた強みがある

 Run Pit内に設置した無人店舗では、客があらかじめ会員登録したスマートフォンでQRコード認証して入店する。商品を手に取り店を出ると、自動会計ができている。支払いは、事前に登録したクレジットカードを使用する。今回は、スペースの問題から1人ずつの利用となっているが、技術的には複数人でも利用できるという。

 今回のケースでは、登録していない人が入店して商品を持って行ってしまった場合、受付にアラートが行くしくみを採用している。

 今回の無人ショップについて「無人化を目指しているわけではない。単純な作業をオートメーション化することで、コンテンツの充実に時間を割ける、そういう社会をつくっていきたい」(山浦氏)と語った。

edison.ai CSOの山浦真由子氏。カメラは上3箇所と中央の4つ
edison.ai CSOの山浦真由子氏。カメラは上3箇所と中央の4つ
出入り口からほんの少し離れただけで、自動会計ができた
出入り口からほんの少し離れただけで、自動会計ができた
キャンペーンでドリンクが無料のため0円となっているが、きちんと手にした商品を判別できている
キャンペーンでドリンクが無料のため0円となっているが、きちんと手にした商品を判別できている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]