logo

パナソニック、4Kの録る、見る、残すを1台でかなえる一体型「ビエラ」--HDDとBDを内蔵

加納恵 (編集部)2019年12月18日 13時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは、4K液晶テレビ「ビエラ」シリーズに、BS4K、110度CS4Kチューナー2基、HDDとBDドライブを一体化した「GR770」シリーズを追加した。新4K放送の録る、見る、残すにこれ1台で対応する。発売は1月24日。想定税別価格は49V型の「TH-49GR770」26万円前後、43V型の「TH-43GR770」22万円前後になる。

「ビエラ GR770」シリーズ
「ビエラ GR770」シリーズ

 2TBのHDDを搭載し、4K衛星放送の録画が可能。長時間録画ができる「4K 4倍録モード」を使えば約520時間の4K録画を実現する。BDレコーダー「ディーガ」独自の4K対応HEVCエンコード技術により、長時間録画でもディテールのくっきりした映像を確保できるとしている。BDドライブを備えているため、BDへの保存も可能だ。

 IPS液晶パネルを採用し、上下左右178度の広視野角を実現。「4Kファインリマスターエンジン」を備え、地上デジタル放送やBD、ネット動画の映像を4K映像にアップコンバートする際、映像を部分ごとに細かく解析することで、ノイズを抑えた4K映像へと補正。「色忠実補正回路」や「エリアコントラスト制御」とあわせ、色鮮やかでリアルな表現を追求する。

 本体には30Wの「ダイナミックサウンドシステム」を備え、厚みのある音声再生をサポート。映像と音声の回路を分離することで、ノイズ、歪み抑える独立した音声処理回路とバイアンプ駆動を採用したほか、音が画面から聞こえるようチューニングしているため、画と連動感のある再生音を体験できる。

 電源オンまで約2秒の高速立ち上がりを実現しているほか、番組表立ち上げ、リモコンでの一発録画なども即時にできるなど、ストレスのない使用を実現。Netflix、dTV、Amazonプライム・ビデオ、ひかりTV4K、YouTubeなどのネット動画視聴にも対応する。

背面。一体型のため配線もすっきり
背面。一体型のため配線もすっきり
リモコン
リモコン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]