logo

フォルクスワーゲン、カタールでレベル4自動運転の交通サービス--2022年に本格運用へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)とカタール投資庁(QIA)は、自動運転レベル4対応の電気自動車(EV)による都市部向けシャトル運行サービスを、2022年にカタールの首都ドーハで開始すると発表。この目標を実現させるため、VWとQIAは計画「Project Qatar Mobility」に署名した。

カタールのドーハで自動運転車を使った交通サービス(出典:VW)
カタールのドーハで自動運転車を使った交通サービス(出典:VW)

 このサービスで使用する車両は、VWの「I.D. BUZZ」と、グループ会社Scaniaのバス。いずれもドライバー不要で走行可能なレベル4の自動運転技術を搭載させ、乗客を乗せて交通機関として運用する

 I.D. BUZZの導入台数は、35台。最大4人を乗せ、固定ルートの含まれるコースをシャトル運行させる。また、利用者の多いルートには、Scaniaのバスを10台導入する。

I.D. BUZZ(左の黄色い車両)がベース(出典:VW)
I.D. BUZZ(左の黄色い車両)がベース(出典:VW)

 まず、2020年に閉じた環境で試験を実施し、早ければ2021年に試験的な運行を始めたいとしている。そして、2022年中に本格運用を開始する考え。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]