logo

宇宙飛行士を支援するAI球体ロボ「CIMON-2」--ISS内で話し相手にもなる

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Airbusは、宇宙船内で宇宙飛行士を支援する人工知能(AI)アシスタントの第2世代機「Crew Interactive MObile CompanioN 2(CIMON-2)」を開発し、米国時間12月5日に国際宇宙ステーション(ISS)へ向けて打ち上げた

ISS内で宇宙飛行士を支援(出典:Airbus)
ISS内で宇宙飛行士を支援(出典:Airbus)

 CIMONは、音声コマンドに反応して実験手順やチェックリストを画面に表示するなどして、宇宙飛行士がISS内で担当する実験などの作業を手伝うロボット。コグニティブ(認知)コンピューティングシステム「IBM Watson」を採用しており、音声で操作できるため、宇宙飛行士はハンズフリーで扱える。ISS内を浮遊し、向きや位置を自律動作で調整する。

 プロトタイプ機と位置付けられた初代CIMONは、2018年7月2日から2018年8月27日まで約14カ月間、ドイツの宇宙飛行士、Alexander Gerst氏がISSで試験した。

 初代の試験結果を参考に、CIMON-2は方向を認識する能力を向上させた。さらに、人間の感情を把握することがうまくなったそうだ。その結果、科学的な作業のアシスタントとして機能するだけでなく、宇宙飛行士の話し相手にもなれるという。

 CIMON-2は、欧州宇宙機関(ESA)の実験棟「Columbus」で試験される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]