logo

エアバスとIBM、宇宙飛行士を支援する球体AIロボ「CIMON」開発--これって「ハロ」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AirbusとIBMなどは、宇宙船内で宇宙飛行士の活動を支援する人工知能(AI)アシスタント「Crew Interactive MObile CompanioN(CIMON)」を開発した。2018年6月より、国際宇宙ステーション(ISS)で試験運用する予定。


宇宙飛行士の活動を支援するAIアシスタント(出典:Airbus)

 CIMONは、AI技術ベースのコグニティブ(認知)コンピューティングシステム「IBM Watson」を採用した宇宙飛行士用のAIアシスタントで、ドイツ航空宇宙センター(German Aerospace Center:DLR)向けに開発した。AirbusとIBMのほか、DLRやルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU)も開発に参加している。

 トレーニングやフィットネスなどに使われる「メディシンボール程度の大きさ」をしており、ディスプレイ、マイク、スピーカなどを備える。重さは約5kgあるがISS内では浮いており、向きや位置を自律動作で変えられる。


「メディシンボール程度の大きさ」。ガンダムの「ハロ」を少しだけ思い出す(出典:IBM)

 主な目的は、宇宙飛行士がISS内で実行するルーチンワーク的な作業を支援すること。例えば、音声コマンドに反応して実験手順やチェックリストを画面に表示し、「同僚」として働くという。

 6月にISSへ送られ、ドイツの宇宙飛行士、Alexander Gerst氏が試験する。


6月よりISSで試験(出典:Airbus)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]