logo

米中、「第1段階」の貿易協定に合意--追加関税の発動見送り

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2019年12月16日 10時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Donald Trump米大統領は米国時間12月13日、米国が中国との「第1段階」の貿易協定に合意し、15日に予定していた中国製品への新たな関税発動を見送ると発表した。この協定により、Appleの「iPhone」や「Mac Pro」など広く普及しているデバイスの一部は、中国からの輸入品約1600億ドル(約18兆円)相当に影響するとみられていた関税を免れる。

11月、オースティンにあるMac Proの製造施設を訪れたTrump大統領
11月、オースティンにあるMac Proの製造施設を訪れたTrump大統領
提供:Mandel Ngan/AFP via Getty Images

 米通商代表部(USTR)によると、今回の協定は、「知的財産、技術移転、農業、金融サービス、通貨、外国為替の分野における中国の経済および貿易体制」の変化を求めているという。協定ではまた、中国からの輸入品約2500億ドル(約27兆円)相当への関税25%を維持する一方、約1200億ドル(約13兆円)相当への関税15%を7.5%に引き下げる。

 Trump大統領は13日、2020年の米大統領選挙後まで待たずに「第2段階」の交渉をすぐに始めるとツイートした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]