logo

スマホを気にせず作業に集中--Androidの「フォーカスモード」が正式提供

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年12月05日 10時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォン依存を緩和するためのGoogleの取り組みが、ついに実用化の時を迎えた。5月のGoogle I/Oで初めて発表された「フォーカスモード」が、ベータ段階を終えて、「Android 9」と「Android 10」を搭載する端末にリリースされた。

Android 10ディスプレイイメージ
Android 10ディスプレイイメージ
提供:Jason Cipriani/CNET

 この新しいモードは、Androidのツール「Digital Wellbeing」の1つで、集中の妨げとなるスマートフォン上の多数のアプリの一部を一時的に停止し、やらなければならないことに集中できるようにするというもの。この機能を有効にして、ソーシャルメディアアプリ、ビデオアプリ、ゲームなど、最も気が散ると感じるアプリを選択することができる。その状態でそれらのアプリを起動しようとすると、「そのアプリが一時停止されていることを(フォーカスモードが)リマインドしてくれる」と、Androidプロジェクトマネージャーを務めるDayson Pais氏は、今回のリリースを発表するブログ記事に記している。

 この機能は、「フォーカスモードをオフに切り替えるまで、それらのアプリの通知をオフ」にすることで、誘惑をさらに抑制するという。その他に、ユーザーが選択した特定の日や時間(土曜日の午前9時から午後5時までなど)に、フォーカスモードを自動的にオンまたはオフにする機能などもある。

 似たような他のアプリとして、OnePlusの「Zen Mode」があるが、こちらは有効にしてから20分経過しなければ、端末の使用を再開できない。それとは異なり、Googleは「少し休憩するオプションを用意しており、フォーカスモードを一時的に解除して一部のアプリを使用し、準備ができたら再びフォーカスモードに戻ることができる」という。

フォーカスモード
少し休憩してアプリを利用することも可能
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]