logo

高級志向でエコなライドシェアが続々登場--UberやLyftに対抗できるか - (page 4)

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2019年12月11日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 料金は距離や曜日、時間帯などさまざまなパラメーターに基づいており、公共交通機関とタクシーのコストの中間くらいになる。予約前にアプリで確認できるため、思わぬ費用がかかるということはない。

 「MOIAのようなサービスでは、オンデマンドの利便性、パーソナルな安心感や空間、低価格、さらに快適な移動の体験を約束している」とSolis氏は話す。「さらに環境にも優しいため、地球を守り渋滞を緩和しているのだと認識させることで、消費者にとっての価値を高めている」(同氏)

 それがMOIAとVolkswagenの利益につながるかについては、今後を見守る必要がありそうだ。ハンブルクでは最初の6カ月で、MOIAの登録者数は26万人、乗車回数は77万回に上った。市から当初100台割り当てられたバンの数は11月までに倍になり、2020年には500台に拡大する計画だ。ユーザー数も堅調に伸びているとZiegenmeyer氏は語る。MOIAはハンブルクにおけるサービス提供範囲を拡大し、最終的には市全域をカバーすることを目指している(同市はこの要望について2021年1月に検討する予定だ)。

 MOIAはロンドンでも新たにトライアルを開始しており、ドイツ内外の他の都市とも協議している。北米の複数の都市が含まれるというが、Ziegenmeyer氏は具体的な都市名を明かさなかった。

 MOIAに初めて乗車してから15分後、私は目的地に到着した。予定通りだ。

 初めてのMOIA乗車は極めてスムーズで、夕食後にはまた利用してもいいという気持ちになっていた。私は帰宅のための乗車を手配しようとMOIAのアプリを開いたが、別の方法を見つけなければならないことが分かった。アプリには「残念ですが、あなたの要望に合うMOIAはありません。後でまたお試しください」と表示されたのだ。結局、キックスクーターで帰ることになってしまった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]