logo

マイクロソフト、「Outlook.com」でPWAをサポートとの情報

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 緒方亮 (ガリレオ)2019年11月28日 11時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Progressive Web Apps(PWA)」への取り組みは、2018年にいったん加速したかに見えたものの、その後勢いが衰えてしまったようだった。しかし、2019年11月に入って、同社内の複数のチームが、PWAの導入計画に言及し始めている。

PWAの文字
提供:ZDNet

 ウェブサイトやアプリをネイティブアプリのように動作させるPWAに関する取り組みでは、Googleが以前から最も先行している。だが、他のベンダーも、数年前からPWAのトレンドに乗り始めた。Microsoftも、「Windows 10」や「Edge」ブラウザーにPWAのサポートを取り入れるべく、以前から計画を進めている。

 Microsoftは現在、「Outlook.com」と「Outlook on the web」をPWAに対応させようとしているようだと、Thurrott.comが伝えている。Thurrott.comのPaul Thurrott氏によれば、「Brave」ブラウザーでOutlook on the webにアクセスした際に、アドレスバーにPWAの「インストール」ボタンが表示されることに気づいたという。また、「Chromium」ベースの「Edge」ブラウザーでも、「Canary」版で一部ユーザーに同じインストールオプションが表示されていると、同氏は米国時間11月25日に報告した。さらに翌26日には、Outlook.comでもBraveのアドレスバーにインストールオプションが現れるようになったという。したがって、Outlook.comでもPWA化が進められているようだ

 筆者はOutlook.comとOutlook on the webのPWA対応計画についてMicrosoftにさらなる詳細や対応時期を尋ねたが、現時点で回答はない。

 11月中旬に開催されたカンファレンス「BlinkOn 11」で公開された新しい動画(WalkingCatがTwitterにリンクを投稿している)も、PWAの視点を取り入れたものだ。

 この動画は、MicrosoftのDaniel Libby氏が行ったプレゼンテーション「Dual Screen Enlightenment for the Web(ウェブのための2画面の理解)」を収録したもので、2画面デバイスにおける新しいウィンドウ構成をPWAやウェブサイトで生かすことに関する、Microsoftの最新の考え方が取り上げられている。該当する2画面デバイスには、今後発売予定の「Windows 10X」を搭載する2画面タブレット「Surface Neo」や、2画面の「Android」スマートフォン「Surface Duo」がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]