logo

「KARTE」のプレイド、米Googleから資金調達--クラウド市場拡大に向けて協業

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE(カルテ)」を提供するプレイドは11月27日、国内外の事業拡大に向けて、米Googleから資金を調達したと発表した。金額は公表していないが、数億~十数億円規模とみられる。

CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」
CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」

 KARTEは、ウェブサイトやアプリにおいて、利用者の行動をリアルタイムに解析して、ひとりひとり可視化。個々の利用者に合わせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCXプラットフォーム。ECをはじめ、人材や不動産、金融など幅広い業種で活用され、2015年の3月に正式提供を開始して以降、年間の流通解析金額は1兆円を超えているという。

 両社は今後、KARTEへのGoogle Cloudの機械学習やAI(人工知能)技術の統合などで協業していく予定。これにより、これまで以上に高機能で拡張性の高い、安全なクラウドプラットフォームを企業に提供することが可能となり、エンドユーザーにおけるパーソナライズとCXの向上を実現するとしている。

 また、両社は日本におけるクラウド市場の拡大に向けても協業していく予定だという。

 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]