logo

ビジネスSNS「Wantedly」、教育機関などへ新APIを提供--スキルの信頼性を担保

佐藤和也 (編集部)2019年11月26日 11時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、オンライン学習サービスや教育機関を対象に新APIとして「認証プロフィール追加ボタン」を、11月25日に公開した。ユーザーは取得したスキルや学歴を、API導入機関(パートナー)による信頼性の担保のもと、Wantedlyのプロフィールに追加することが可能となる。

 パートナーが提供するプログラムにて一定の基準を満たした受講者は、パートナーのサイト内で認証プロフィール追加ボタンを押すことにより、培ったスキルや学歴をWantedlyのプロフィールに追加することができる。また、プロフィールを閲覧したユーザーが、パートナーが提供するプログラムを知ることで、新たに学ぶきっかけを創出するという。

「認証プロフィール追加ボタン」について
「認証プロフィール追加ボタン」について

 同社ではオンライン学習サービス及び教育機関と連携し認証プロフィール追加ボタンを提供することで、取得したスキルに信頼性が生まれ、より正当に評価されることを導入の背景としている。

 ローンチ段階では、デジタルハリウッドとグロービスが導入。1年以内に100機関の導入を目標として、パートナー開拓を進めていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]