logo

マイクロソフト、「Surface Earbuds」の発売を2020年に延期

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年11月22日 09時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Surface Earbuds」の発売を延期することにしたようだ。10月に発表された249ドル(約2万7000円)の同ワイヤレスイヤホンは2020年春まで発売されないことを、最高製品責任者のPanos Panay氏が米国時間11月21日にツイートで明らかにした。Surface Earbudsは当初、2019年内に発売される予定だった。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 「製品製造とは、すべての細部が正しく動作するように飽くことなく追求する作業だ。それは時間のかかる作業で、ときに事前の計画よりも時間がかかる場合がある。できる限り最高のエクスペリエンスを、当社のファンであり顧客である皆さんに確実に提供するために、Surface Earbudsの発売を、全世界で2020年春に延期する」(Panay氏)

 Microsoftは10月のイベントでSurface Earbudsを発表。快適なフィット感、タップやスワイプでスマートフォンに触れることなくSpotifyのプレイリストを操作できること(Androidの場合)、リアルタイムの翻訳機能、60カ国語のサポートを特長として挙げていた。また、1回のバッテリー充電で8時間使用可能で、充電ケース(USB-C充電)を使用すればさらに3回充電が可能だとしていた。

 MicrosoftはSurface Earbudsを2020年まで発売しないことを認め、今後数カ月のうちにより詳しい情報を提供するとした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]