logo

アップル、「iOS」のテストプロセスを変更か--iOS 13の不具合を受け

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年11月22日 07時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS 13」はApple史上で特に不具合の多いリリースの1つだった。バックグラウンドアプリが予期せず終了してしまうバグなど、複数の不具合に見舞われた。その事態に、Appleは変更を加えることにしたようだ。

 Bloombergの記事によると、これまでの問題は、開発者らが社内テスト用のデイリービルドに未完成でバグを含む新機能を詰め込むが、その結果不安定な状態になり、「リバブルな(Appleの社内用語で『使用可能な』という意味)ビルドが何日も存在しないままになる場合もあるため、何が動作していて何が動作していないのかをテスターが実際に把握していない」可能性がある点だという。

 「iOS 14」の開発から、テストに使われるデイリービルドは、未完成の機能やバグを含む機能をデフォルトで無効にした状態でリリースされ、それらの機能を有効にするオプションがテスターらに提供されるという。この新しいプロセスは、「iPadOS」「watchOS」「macOS」「tvOS」にも適用される見込みだ。

 iOS 13がどれだけひどい状態であるかにAppleが気づいたのは、リリースまで数週間というタイミングだったようだ。

 Blooombergはこう伝えている。「8月の時点で、数週間後に新型『iPhone』に搭載される予定の最初の『iOS 13.0』が、品質基準を満たしていないことに気づいたAppleのエンジニアらは、基準を満たす努力はほぼ放棄し、最初のアップデートである『iOS 13.1』の改良に注力することにした。Appleは、社内ではiOS 13.1を、『iOS 12』に匹敵する品質レベルを満たした『実質的なパブリックリリース』とみなしている。同社は、iOS 13.0を自分の端末にインストールするのは筋金入りのAppleファンだけだろうと見込んでいた」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]