logo

「OK Google、通訳になって」--29言語に対応した翻訳機能をビジネス向けに提供へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは11月20日、インターネットやナビゲーション領域における東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルサポーターとして、「Google アシスタント」のビジネス向け新機能を発表した。

キャプション

 これは、日本語や英語を含む全29カ国語をリアルタイムに翻訳し、店頭でのスムーズな会話をサポートするもの。例えば、「OK Google, 通訳になって」と声をかけるか、画面をタップするだけで、海外の観光客とのスムーズな会話が可能になるという。

 同社では、同機能をより多くのビジネスに活用してもらうため、今年中にパイロットプログラムを開始するほか、オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、同機能を来年に一般公開する予定。

 今回、提灯を扱う創業明治25年の老舗店が実証実験に協力。四代目の吉田雄一さんによると、最近、国際色豊かな観光客が増えており、提灯に込められた伝統や歴史について、言葉の壁を越えて伝えていきたいと思っているという。同社は、Googleアシスタントの新機能が、職人の技の素晴らしさを伝えられるように開発に注力するとブログで述べている。

 また、Googleマップに新しい翻訳機能が追加され、マップアプリで行きたい場所を見つけてタップするだけで、日本語による場所や住所の読み上げが可能という。地名の読み方がわからない場合や海外の観光客が、タクシーで行き先を伝えたり、道を聞きたい時に利用できるとしている。

キャプション

 なお、すでに提供している国内外の観光客増に対応するサービスも紹介。無料のGoogleマイビジネスを活用することで、Google検索やGoogleマップでの検索に対応できるほか、登録したビジネスの情報は自動的に翻訳され、住所や営業時間、レビューなどが各国の言語で表示されるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]