logo

「iPhone 11」シリーズ用「Smart Battery Case」が登場--カメラボタン搭載

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年11月21日 11時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年の「iPhone」は全体的にバッテリー駆動時間が大幅に改善されているが、Appleは年末商戦を目前に控え、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」用の一連の新しい「Smart Battery Case」を発売した。これまでのApple純正バッテリーケースと同様に、背面にこぶがあり、内側にLightningコネクタに直接接続する部分があり、ワイヤレス充電も可能だ。色はブラックとホワイトがあり、ProとPro Maxではピンクサンドも選べる。今回はバッテリー駆動時間を最大50%延長するとされている。

Smart Battery Casee
Smart Battery Case
提供:Apple

 興味深いのは、側面に新たに追加された専用カメラボタンだ。Appleによると、iPhoneがロックされていてもカメラアプリを起動し、長押しで直ちに動画を撮影することができるという。

 価格は1万4800円(税別)。最新型iPhoneにさらにバッテリーが必要だとは筆者は思わないが、カメラボタンは確かに興味深い。将来のiPhoneに恒久的な機能として追加されるべきだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]