logo

スマートニュースが100億円の大型調達--米国市場での成長を加速へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートニュースは11月19日、米国市場におけるさらなる成長の加速のため、8月5日に公表した31億円とあわせて、日本郵政キャピタルとACA Investmentsをリード投資家とし、グロービス・キャピタル・パートナーズ、電通、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムなどから、総額100億円の資金を調達すると発表した。累計調達額は191億円。

キャプション

 同社が運用するニュースアプリ「SmartNews」は、月間アクティブユーザーが日米合算で2000万人、ダウンロード数は日米合算で5000万を超えているという。

 また、米国事業についてはユーザー数が前年比で5倍以上伸びており、第三者機関であるトラフィック解析サービスのParse.lyによれば、英語圏におけるメディアへの送客元として、yahoo.comを抜いて第10位にランクインしているという(2018年12月時点)。

 同社では、グローバルな開発体制を推進するため、久夛良木健氏を社外取締役として招聘。さらに、Facebook News Feedのインフラ責任者を務めたYoulin Li氏がVice President of Engineering, Backend System and Foundationとして5月から参画しており、エンジニアおよび、プロダクトマネージャ、データサイエンティストなどの採用を強化しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]