logo

「iPad」版「Lightroom」、メモリーカードから直接インポート可能になる見込み

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)2019年11月14日 12時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeの写真編集アプリ「Lightroom」の「iPad」版に関して、利便性が大幅に向上するアップデートが予定されていることが明らかになった。具体的には、写真をメモリーカードから直接インポートする機能が新たに加わる。Appleのタブレット端末であるiPad版のLightroomは、PC版の同アプリのすべての機能を備えているわけではない。とはいえ、メモリーカードからの直接インポートが可能になれば、外出時にまでノートPCを持ち歩きたくないというユーザーにとっては大きな前進だ。

iPad
提供:Stephen Shankland/CNET

 現在、Adobeはこの機能を試験中で、2019年内に正式リリースする予定だと、Adobeで写真製品管理部門の責任者を務めるTom Hogarty氏が米CNETの独占インタビューで明かした。

 Lightroomは写真の編集と分類に広く使用されているソフトウェアで、Adobeではかなり以前からタブレット版を提供している。しかしタブレット版は多くのケースで、単独で使うツールというよりは、ノートPCにインストールされたLightroomの補助的な役割にとどまってきた。

 Adobeによる直接インポート機能の追加は、iPadを本格的に使えるコンピューターに昇格させる後押しになるはずだ。

 Adobeはまた、iPad版「Photoshop」の配信を開始したばかりだ。実際に使ったユーザーからの評価は賛否両論だが、この後にはiPad向けの「Illustrator」もリリースを控えている。さらにAdobeは、Appleの「Sidecar」テクノロジーに着目し、これをLightroomに応用する可能性についても検討している。これが実現すれば、Mac上で起動しているLightroomを、iPadを使って操作することも可能になるかもしれない。

提供:Adobe
提供:Adobe

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]