logo
Adobe MAX 2019

アドビ、iPad版「Photoshop」配信開始--UIを大幅刷新、Apple PencilやPSDをサポート

山川晶之 (編集部)2019年11月04日 18時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズは11月4日、Photoshop iPad版の配信を開始した。動作にはiPad OSが必要となり、初代以降のiPad Pro、iPad mini 4、iPad Air 2、第5世代iPadが対応する。Apple Pencilもサポートしており、第1世代、第2世代ともに利用可能だ。

キャプション
Adobe MAX 2019で配信開始を発表したIllustrator iPad版

 これは、同社の年次カンファレンス「Adobe MAX 2018」で開発発表されていたもので、今回アプリとして正式リリースとなった。なお、PC版のPhotoshopをそのまま移植したものではなく、タッチやスワイプなどiPad版に適したUIと、Apple Pencilに最適化するよう大きく作り変えられており、各ツールやパネルは必要なものだけが表示され、iPadのディスプレイを有効に使うことができる。

キャプション
メニューやレイヤーの表示パネルはディスプレイを専有しないようになっている
キャプション
Apple Pencilに対応

 PSDファイルの読み込み・書き出しに対応。レイヤー構造や各素材の解像度もそのまま、PCで作成したPSDファイルを読み込んで作業を続けることも可能だ。作成したPSDファイルはCreative Cloudに保存され、どこからでもファイルにアクセスできるとしている。

 なお、今回アドビでは、レタッチや合成、スポット修復、描画モードといったレタッチツールのほか、クイック選択ツール、なげなわツール、ぼかしなどの高度な選択オプションを使って合成ツールとをメインに実装しており、今後のリリースでブラシ、マスキング、境界線の調整、被写体の選択といったPhotoshopならではのツールが用意され、Creative Cloudのブラシやフォントも利用可能になるとしている。

 価格は月額1080円だが、すでにCreative CloudでPhotoshopのライセンスを持っている場合はすぐに利用可能。30日間の無料体験版も用意されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]