logo

「Googleマップ」に翻訳機能が追加--自動認識した現地言語で読み上げ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、地図サービス「Google Maps(Googleマップ)」を機能強化し、検索結果の目的地の名称や住所を現地の言語で読み上げる機能を付加する。Google MapsのAndroid版およびiOS版アプリに順次追加していく。

Google Mapsに翻訳機能を追加(出典:Google)
Google Mapsに翻訳機能を追加(出典:Google)

 この新機能は、Google Mapsと「Google Translate(Google翻訳)」の連携で実現させた。言葉の通じない海外を旅行する際に役立つという。

 Google Mapsの翻訳機能を使うには、検索結果の表示された画面で、場所の名前や住所の隣にあるスピーカーボタンをタップする。この操作により、スマートフォンが現地の言葉で名称や住所を読み上げる。

Google MapsとGoogle Translateが連携(出典:Google)
Google MapsとGoogle Translateが連携(出典:Google)

 読み上げる際の言語は、翻訳が必要と思われる場所にいる状態になると、自動的に選ばれる。たとえば、スマートフォンを英語に設定しているユーザーが東京でGoogle Mapsを使って検索すると、日本語対応の自動翻訳&読み上げ機能が有効になり、検索結果にスピーカーボタンが表示される。この機能における対応言語は、50言語強。

 また、現地の人とさらに会話を進められるよう、Google Mapsの検索結果から直接Google Translateを起動するボタンも表示している。

慣れない土地での移動が楽に(出典:Google)
慣れない土地での移動が楽に(出典:Google)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]