logo

Facebookら、トランプ氏疑惑の内部告発者とされる名前に言及する投稿を削除か

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年11月11日 12時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、Donald Trump米大統領の弾劾調査に関係するとされる内部告発者の名前に言及した投稿を削除しているようだ。Reutersが米国時間11月9日に報じた。内部告発者を特定したとするBreitbart Newsの記事が公開されたことを受け、Facebookが明らかにしたという。YouTubeも、内部告発者の氏名を示唆する言及のある動画を削除していると米CNNが報じている。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 ホワイトハウスの内部告発者は2019年夏、9ページにおよぶ告発状を書き、Trump大統領とウクライナのVolodymyr Zelensky大統領の間で夏に行われた電話会談の詳細を高級官僚らが「封じ込め」ようとしたと主張していた。ウクライナ大統領との電話会談で、Trump大統領は民主党の大統領候補Joe Baiden氏とその息子の調査を要請したという。

 この告発がきっかけとなって弾劾調査が始まった。

 Reutersによると、内部告発者を特定したとするBreitbart Newsの投稿について、Facebookでこの記事を読もうとするユーザーには、このコンテンツは表示できない旨のメッセージが表示される。また、このFacebookページの管理者は、このページが「公開されない可能性がある」との通知を受けたという。

 FacebookはBreitbartとReutersに対し、声明で「どのような形であれ、内部告発者かもしれない人物の名前に言及することは、危害や損害の発生を防止するポリシーに反するものであり、『証人、情報提供者、活動家を暴露する』コンテンツは禁止されている」と述べた。「内部告発者である可能性のある人物の氏名に言及した投稿は、いかなるものも全て削除している。この人物の氏名が広くメディアで報道される、あるいは公人による議論の中で発言された場合は、この方針について再考する」(Facebook)

 YouTubeはCNNに対し、機械学習を利用するとともに、人によるレビューを実施して、そのようなコンテンツを発見し、削除すると述べた。

 米CNETはFacebookとTwitterにコメントを求めたが、回答は得られていない。Googleは米CNETに対し、YouTubeが内部告発者である可能性のある人物の氏名に言及する投稿を削除していることを認めた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]