logo

キャスター、リモートワークのコンサルサービスを開始--自社の運営ノウハウを活用

佐藤和也 (編集部)2019年11月08日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キャスターは11月7日、リモートワークにおけるコンサルティングサービス「Caster Anywhere」の提供を開始した。

 これはリモートワーク組織を構築し、運営ノウハウをハンズオンで提供するコンサルティングサービス。月10時間のコンサルティングをオンライン会議サービスを通じて提供。ヒアリングによる顧客の現状把握から、組織設計、採用計画、人事制度、IT導入や定着、働きがい向上、会議や資料作成のムダ削減などを、同じ課題を解決してきたキャスター経営陣がサポートするという。

 キャスターはオンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」をはじめ、リモートワークを通じて人材リソースを提供し、クライアントの生産性向上をサポートする事業を展開。自社でも700名以上のメンバーがリモートワークで活躍しているという。一部の企業に限定してサービス提供していたところを、人手不足の解消及びリモートワークの普及に効果が期待できると判断。経営陣によるコンサルティング体制を強化し、本格提供に至ったとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]