logo

JALとNRI、パートナー企業と提携して会員サービス--DX実現目指す

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)の合弁会社「JALデジタルエクスペリエンス」(2019年2月4日設立)は10月30日、多様な業界のパートナー企業と提携したと発表した。また、新たな会員組織「CLASS EXPLORER」を創設し、会員サービスを開始する。

キャプション

 CLASS EXPLORERは、知的好奇心を失わず、未知の体験を求めて旅する「エクスプローラー(冒険者)」に、人生を豊かにする新しい体験を提案するというコンセプトで創設。

 入会については、JALの顧客の中から「エクスプローラー」であるとAIが推定した人が対象。該当者には、順次インビテーションを送付するという。

 JALデジタルエクスペリエンスと提携パートナー企業は、JALが得意とする旅を基軸にしながら、そこに留まらない新しい体験型サービスを共創。また、NRIが得意とするデータ・アナリティクスやAIを活用し、従来は対面でコンシェルジュが対応していたような「一人一人の潜在ニーズに合わせてサービスをお見立てする」という業務をデジタル化し、提携パートナー企業を含めたデジタルトランスフォーメーション(デジタルによるビジネスの変革)の実現を目指す。

キャプション

 さらに、サービスを提案する過程において、顧客の興味関心を分析し、デジタルマーケティングを高度化させ、今後のサービス向上につなげていくという。

 提携パートナー企業(五十音順)は、朝日航洋、R-body project、一休、ヴィノスやまざき、エスエムダブリュ・ジャパン(SieMatic)、SBIウェルネスバンク、オークラ ニッコー ホテルマネジメント、カッシーナ・イクスシー、ゴルフダイジェスト・オンライン、GDOゴルフテック、ジャルパック、SKYTREK、せとうちLTKトラベル、Seven Signatures International、帝国ホテル、野村證券、NOMON、ミニメイド・サービス、メルセデス・ベンツ日本、ヤマハ発動機、郵船クルーズ、リビエラリゾート、ワイナックス。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]