logo

トヨタ、カーシェアサービスを全国展開へ--「TOYOTA SHARE」と「チョクノリ!」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車は10月28日、トヨタ販売店・トヨタレンタリース店によるカーシェアリングサービス「TOYOTA SHARE」と、トヨタレンタカーの24時間無人レンタカーサービス「チョクノリ!」の全国展開を開始したと発表した。

キャプション
「TOYOTA SHARE」

 TOYOTA SHAREは、入会金、月会費無料で、短時間(15分200円〜)から利用できるカーシェアサービス。アプリで会員登録からクルマのの解錠、施錠、返却、精算までできるのが特徴。スマートフォンからの解錠、施錠を可能にする「Smart Key Box」、位置情報や走行距離など車両情報を取得する通信機「TransLog II」といったデバイスを開発することでサービス提供を実現している。

 ラインアップは、コンパクトカーからミニバン、SUVなど、トヨタの持つ幅広い車種を設定。今後は新型車含め更なるラインナップの拡大を予定しているほか、決済手段の多様化やクルマの使い方に応じた利用者ごとのポイント付与、法人向けのカーシェアといったサービスも拡充するとしている。

 チョクノリ!は、完全無人化により貸渡・返却手続き時間を短縮し、24時間利用できるレンタカーサービス。こちらも店頭受付不要かつスマートフォンのみで、レンタカーの予約、解錠、施錠、精算までを完結。燃料の満タン返却は不要で、走行距離に応じた燃料代を利用料金と合算して精算するという。なお、出発店舗以外の返却は受付けない。

キャプション

 TOYOTA SHAREは2019年1月、チョクノリ!については2019年5月から東京地区を中心に実証実験を実施。全国展開については、準備が整ったところからサービスを開始し、トヨタ販売店・レンタリース店を中心に順次拡大していく予定という。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]