logo

ボルボ、自動運転トラックによる貨物運搬サービスの担当部門を新設--事業化に本腰

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volvo Groupは、自動運転トラックによる貨物運搬サービス事業の担当部門「Volvo Autonomous Solutions」を新設すると発表した。2020年1月1日付けで発足させ、トラック事業セグメントの一部門として運営する。

自動運転トラックによる貨物運搬サービス(出典:Volvo Group)
自動運転トラックによる貨物運搬サービス(出典:Volvo Group)

 大量の貨物をあらかじめ決まったルートで繰り返し運ぶ場合、自動運転とコネクティビティの両技術をベースとする輸送ソリューションが適しているという。Volvo Autonomous Solutionsは、鉱石採掘、港湾作業、物流センター間の貨物運搬といった分野を中心に、自動化された商用輸送サービスを提供していく。

 Volvo GroupはVolvo Trucksを通じ、自動運転トラックによる運搬サービスを開始している。たとえば、ノルウェーのBrønnøy Kalk鉱山における石灰岩輸送、スウェーデンのヨーテボリ(英名:ゴーセンバーグ)港におけるコンテナ輸送といった取り組みがある。そして、こうしたサービスに対し、顧客からすでに多くの引き合いを受けているそうだ。

鉱石運搬サービスの紹介ビデオ(出典:Volvo Trucks/YouTube)


コンテナ輸送サービスの紹介ビデオ(出典:Volvo Trucks/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]