logo

ボルボ、鉱山で自動運転ダンプカーによる鉱石運搬サービス--正式提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volvo Trucksは、ノルウェー企業のBrønnøy Kalkと契約し、鉱山で自動運転ダンプトラック(ダンプカー)による鉱石運搬サービスの正式提供を開始する。自動運転トラックによるこの種の商用サービスは、同社として初の取り組みという。

自動運転ダンプカーで鉱山で商用運搬サービス(出典:Volvo Trucks)
自動運転ダンプカーで鉱山で商用運搬サービス(出典:Volvo Trucks)

 同サービスでは、6台の自動運転対応ダンプカー「Volvo FH」を使用。鉱山でVolvo FHに石灰岩を積み、複数のトンネルを含む5kmの屋外ルートを自律走行して粉砕場まで運ぶ。ダンプカーの制御は、鉱石を積み込むホイールローダーのオペレーターが担当する。

トンネルを含む5kmのルートを自律走行(出典:Volvo Trucks)
トンネルを含む5kmのルートを自律走行(出典:Volvo Trucks)

 以前から試験運用を実施しており、2018年いっぱい試験を続け、2019年中に本格運用を始める計画。試験中は安全確保のためドライバーが乗車し、本格運用時は無人の完全な自動走行をさせる。

無人の完全な自動走行をさせる(出典:Volvo Trucks)
無人の完全な自動走行をさせる(出典:Volvo Trucks)

 Brønnøy KalkがVolvo FHを購入して自社で運用するのではなく、Volvo Trucksが鉱石輸送サービスとして運搬を請け負う。Brønnøy KalkはVolvo Trucksから運搬サービス契約を結んだうえで、運搬された鉱石の重量に応じて料金を支払い、Volvo Trucksが運搬の責任を持つ。

サービスの紹介ビデオ(出典:Volvo Trucks/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]