logo

ソニー、卓越したノイキャン性能で静寂を作るイヤホン「WI-1000XM2」

加納恵 (編集部)2019年10月16日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月16日、高性能ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホン「1000X」シリーズに、Bluetoothイヤホン「WI-1000XM2」を追加した。首掛けのワイヤレスタイプになる。発売は12月7日。想定税別価格は3万5000円前後になる。

「WI-1000XM2」。ボディカラーはブラックとプラチナシルバー
「WI-1000XM2」。ボディカラーはブラックとプラチナシルバー

 1000Xシリーズは、ノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」と、完全ワイヤレスイヤホンの「WF-1000XM3」をラインアップ。WI-1000XM2は、WH-1000XM3のノイズキャンセリング技術と高音質をインイヤーに収めた新モデルだ。

 「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載し、ノイズを集音して消すことに加え、遮音性の高いイヤホン構造の採用によりノイズを防ぐ、デュアルノイズセンサーテクノロジーを採用。業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を誇る。気圧センサーも備え、飛行機搭乗時など、気圧の変化に応じて最適化する機能も備える。

リモコンをケーブルの中間に配置し、通話時のクリアな集音が可能になった
リモコンをケーブルの中間に配置し、通話時のクリアな集音が可能になった
左右のユニットに磁石を内蔵し、使用していない時はハウジングをくっつけてまとめておける
左右のユニットに磁石を内蔵し、使用していない時はハウジングをくっつけてまとめておける

 9mmのダイナミックドライバーとバランスドアーマチュアドライバーを搭載した「HDハイブリッドドライバーシステム」で、低音から高音までの広帯域再生をサポート。新たに、イヤピースに角度をつけることで、装着性を高めた「アングルドイヤーピース」を付属する

 ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能のモードを調整する「外音コントロール」のほか、行動検出によるノイズキャンセリング機能の自動調整「アダプティブサウンドコントロール」も装備する。

 約3.5時間の充電で最大10時間の音楽再生ができるほか、約10分の充電で80分の再生ができる急速充電も可能。音声コーデックはSBC、AACのほかLDACにも対応する。

柔らかいネックバンドを採用し、携帯しやすい
柔らかいネックバンドを採用し、携帯しやすい

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]