logo

matsuri technologies、計約5.8億円の資金調達を完了--1000室の民泊開業へ

加納恵 (編集部)2019年10月15日 20時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 matsuri technologiesは10月14日、シリーズBラウンドとして、9月30日に第三者割当増資により合計約5.8億円の資金調達を完了したと発表した。東京2020オリンピック大会までに1000室の民泊の新規開業を目指す。

 matsuri technologiesは、ソフトウェアによる宿泊領域・住宅領域の見直し、再定義をサポートしているスタートアップ。手頃な宿泊施設や、日本独自の商習慣にとらわれない不動産契約の新しい選択肢のひとつを提供することで、訪日旅行客と在留外国人の増加を後押ししている。

 新たに投資会社として加わったのは、グロービス・キャピタル・パートナーズと朝日プランニングなど。今回の調達した資金は、東京2020オリンピック大会までに1000室の新規の物件サブリース契約と民泊の開業資金にあてるほか、採用の強化、自社開発民泊管理ソフトウェアの改善に使用する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]