logo

「Windows 10 20H1」新プレビュー、PCで「Android」スマホの通話を可能に

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年10月09日 11時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月8日、「Windows 10 Insider Preview」ビルド18999(20H1)を「Fast Ring」テスター向けに公開した。このアップデートは、「Android」搭載スマートフォンで着信した音声通話にPC上で応答できる機能「Calls」を備える。Windowsのこの機能は、PCに搭載されているスピーカー、マイク、ディスプレイを利用し、PCで通話の発信と着信、着信拒否が可能になる。

Microsoft
提供:Microsoft

 Calls機能は、8月に開催されたサムスンのイベント「Unpacked」で発表された。この機能を利用すると、着信をスマートフォンのボイスメールに転送できるほか、PCから最近の通話履歴にアクセスしたり、スマートフォンとPCの間で通話を転送したりすることもできる。

 この機能を利用するには、「Android 7.0」以降のスマートフォン、Bluetoothを搭載し、ビルド「19H1」以降のWindows 10 PCが必要となる。Windows 10のバージョンは、ビルド18362.356以降が必要だ。

 Calls機能は、今後数日のうちにビルド19H1以降のテスターに提供される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]