logo

「macOS Catalina」の新機能「iCloud Driveでのフォルダ共有」は2020年春に延期

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年10月09日 10時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「macOS Catalina」の新機能として多大な期待が寄せられていた「iCloud Drive」でのフォルダ共有機能の提供が、2020年春に延期された。Appleがウェブサイトで明らかにした。この機能は、プライベートリンクを使ってフォルダを共有できるようにするもので、アクセス権を持つ人なら誰でも、iCloud Driveにあるフォルダを見たり、新しいファイルを追加したりすることが可能になるというもの。

提供:Óscar Gutiérrez/CNET
提供:Óscar Gutiérrez/CNET

 MacRumorsの米国時間10月8日の記事によると、iCloud Driveのフォルダ共有機能は、「iOS 13」の初期のベータ版で提供されていたが、テスト中に問題が生じ、同OSの正式リリース前に削除されたという。7日のmacOS Catalinaの正式リリース版にも含まれていなかった。

 同機能は、Appleがここ数年でiCloud Driveに加えた多数の改良の1つだが、米CNETのJason Hiner記者はmacOS Catalinaのレビュー記事の中で、十分に「Dropbox」や「Googleドライブ」の代わりになるもではないと指摘していた。

 Appleはコメントの依頼にすぐにには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]