logo

「Siri」、サードパーティー製アプリもデフォルトで起動可能になるとの報道

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年10月03日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleはこれまで、デジタルアシスタント「Siri」からデフォルトで呼び出せるアプリを、おおむね自社開発のアプリに限る方針をとり続けてきた。だが、同社はようやくこの制限を緩和し、サードパーティー製アプリにも門戸を開放することに決めたようだ。

iPhoneの写真
提供:Josh Miller/CNET

 Appleが「WhatsApp」や「Skype」などのアプリとSiriの連携をより円滑にするソフトウェアアップデートを2019年内にリリースする計画だと、Bloombergが米国時間10月2日に報じた

 このアップデートにより、Siriは必ずしもApple純正の「電話」や「FaceTime」アプリではなく、その相手とのやり取りによく使われているアプリをデフォルトで呼び出すようになるという。たとえば、あるユーザーがある相手と、たいていの場合はWhatsAppを使ってコミュニケーションしていると認識したら、Appleの「メッセージ」アプリではなく、WhatsAppでメッセージを送信するようになるということだ。

 今でも、道案内の際に「Googleマップ」を開く、メッセージをWhatsAppで送信するなど、サードパーティー製アプリを使ってSiriにタスクを実行させることはできるが、制約がある。Siriに対し、ただ「道順を教えて」あるいは「メッセージを送って」と言うのではなく、使うアプリの名前を具体的に挙げて指示しなければならないのだ。アプリ名を伝えない場合、Apple純正のアプリで命じられたタスクを実行するのが、Siriのデフォルトの仕様となっている。

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]