logo

自走ロボがスーパーの商品を公園にお届け--楽天と西友、一般向け無人配送サービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天と西友は9月19日、一般ユーザーからの注文を受け、神奈川県横須賀市内の「西友 リヴィンよこすか店」から港湾緑地「うみかぜ公園」まで自走するロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)を活用し、商品を配送するサービスを約1カ月間実施すると発表した。

キャプション

 両社によると、一般ユーザーを対象とした自動走行ロボットによる商用配送サービスは国内初。猿島とのドローンを使った配送サービスと同様に、横須賀市が推進するスマートモビリティを活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目指す「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の一環となるという。

 実施期間は、9月21日から10月27日まで(土曜日、日曜日の週2回)。注文受付開始時間は、各実施日の午前8時からで、最大1日12件の配送を予定している。バーベキューやピクニックなどで公園を訪れた一般ユーザーは、スマートフォンの専用アプリからリヴィンよこすか店で取り扱う、生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など約400品目の商品が注文可能。その後、自走ロボットが指定された時間に公園内の受け取り場所へと注文商品を配送する。

 自動走行ロボットの本格的な社会実装に向け、政府は2019年度内に官民による協議会の立ち上げや公道上での実証を実現するための基準策定などを予定。楽天は、早期に自動走行ロボットの利便性を体感してもらうための機会を設けつつ、配送実績を積み重ねることで、公道を含むさまざまな場所におけるサービスの本格実現を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]