logo

富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」--1mm単位の計測にも対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は9月19日、アパレル業向けにオーダーメイドなどの衣料採寸業務を効率化するIoTデバイス「FUJITSU Business Application SNAPEC-FORCE IoTメジャー hakaruno」と、計測したサイズ情報を記録するWindows用アプリケーション「FUJITSU Business Application SNAPEC-FORCE IoTメジャー hakaruno for Win」の販売を開始したと発表した。

キャプション

 販売目標は、2022年度末までに3万台。IoTメジャー hakarunoで計測しボタンを押すことで、hakarunoアプリを通して、BluetoothでペアリングされたPC上のWindowsアプリケーションのカーソル位置に、計測したサイズ情報が転送できる。

 これにより、アパレル業における採寸業務や検品業務をはじめ、運送業での荷物配送や製造業での部品検査の際のサイズ計測業務においても、手作業で行っていた記録用紙や伝票にサイズ情報を転記する作業が、計測ボタンを押すごとに自動で値の入力ができるようになり、業務を効率化可能。さらに、転記ミスも軽減できるようになる。

キャプション

 また、メジャーテープ裏面に印刷している特殊なパターンを読み取ることで、1mm単位での計測にも対応。複数の箇所を連続して計測する際、メジャーテープの巻き戻しを必要としないため、素早い計測が可能だという。今後はスマートフォン(iOS/Android)にも対応していく予定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]