logo

アップル、「iPhone 11」の新機能「スローフィー」の商標出願中

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年09月19日 12時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「スローフィー」(Slofie)という単語は、Appleの技術者のきつい冗談以外の何物でもないと思った人もいるかもしれないが、同社がこの名称の商標を出願していることが、米国特許商標庁(USPTO)の文書で明らかになった。スローフィーは、「iPhone 11」に搭載されているスローモーション自撮り機能の名称だ。

 商標申請書には、「動画の撮影と記録に使用するためのダウンロード可能なコンピュータソフトウェア」と記されている。

 スローフィー機能は現在、iPhone 11にのみ搭載されている。商標申請の目的は、他の企業のカメラ機能でスローフィーという単語を使わせないようにすることを意図している可能性が高いと、The Vergeは米国時間9月18日に報じている

 米CNETのShara Tibken記者は、Appleのイベント後にスローフィーを実際に使用する動画を投稿している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]