logo

ディズニーのアイガーCEOがアップル取締役を辞任--「AppleTV+」開始を前に

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年09月17日 08時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Disneyの最高経営責任者(CEO)を務めるBob Iger氏がAppleの取締役を辞任した。背景に、競合する新しい動画配信サービスをDisneyとAppleの両社が準備していることがある。

DisneyのCEOであるBob Iger氏(写真左)とAppleのCEOだったSteve Jobs氏
DisneyのCEOであるBob Iger氏(写真左)とAppleのCEOだったSteve Jobs氏は密に協力していた
提供:Getty Images

 Appleが米証券取引委員会(SEC)に提出した9月13日付けの文書には、8名体制の取締役会からIger氏が9月10日に辞任したと記されている。同社は声明で、Iger氏は「模範的な取締役」だったと称賛し、「献身的で先見の明あるCEO」だとした。

 「何よりもまず、Bobはわれわれの友人だ」とAppleは述べ、「彼は誠意をもって指導し、その時間と忠告を常に惜しみなく注いでくれた。取締役としての彼の貢献を失うのはとても残念だが、彼の決断を尊重し、BobとDisneyの両方との関係が今後も末永く続くことを心から期待している」とした。

 Disneyにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

 Appleの動画配信サービス「Apple TV+」は11月1日、Disneyの「Disney+」は11月12日に開始予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]