logo

「スト5」が目の前に飛び出て対戦--東京ゲームショウ2019のドコモブース

西中悠基 (編集部)2019年09月13日 18時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月12日に開幕したゲームイベント「東京ゲームショウ2019」。NTTドコモは、5Gを活用したeスポーツなどが体験できるブースを出展している。ビジネスデイ初日となる12日には、タレントの夏菜さんを招いたオープニングイベントを開催。5G環境下でのAR観戦などを披露した。

ゲーム好きタレントとして知られる夏菜さん(右)と、NTTドコモ コンシューマビジネス推進部 デジタルコンテンツサービス担当部長の吉田裕之氏(左)
ゲーム好きタレントとして知られる夏菜さん(右)と、NTTドコモ コンシューマビジネス推進部 デジタルコンテンツサービス担当部長の吉田裕之氏(左)

 NTTドコモでゲーム系ビジネスを担当しているという、同社コンシューマビジネス推進部 デジタルコンテンツサービス担当部長の吉田裕之氏は、「大容量、高速、低遅延、多数同時接続という特徴を持つ5Gインフラが整えば、ゲームの世界が革新を迎える」と、5G時代におけるゲーム事情の展望を語った。

 吉田氏は、5Gインフラの普及によって、「eスポーツ分野ではプレイヤーの対戦環境や観戦者の視聴環境が変化するだろう」と解説。また、「5Gの高速大容量の特徴を活かし、これまでに無かったクラウドゲームが流行するのでは」との予想も示した。

 続いて登場した夏菜さんは、「ストリートファイターⅤ アーケードエディション」のAR観戦アプリをステージで体験した。プロゲーマーの梅原大吾選手、ときど選手による対戦を事前に収録し、アプリでARマーカーを読み込むことで、キャラクターたちがステージ上に現れるというものだ。目の前で対戦が繰り広げられる様子に、ゲーム好きであるという夏菜さんも興奮が隠せない様子を見せていた。

「スト5」のAR観戦アプリを体験する夏菜さん
「スト5」のAR観戦アプリを体験する夏菜さん
スト5のAR観戦アプリの表示
スト5のAR観戦アプリの表示
これまでのスト5のゲーム画面。この画面でも迫力はあるが、ARアプリとの差は歴然だ
これまでのスト5のゲーム画面。この画面でも迫力はあるが、ARアプリとの差は歴然だ

 ドコモブースでは、このストリートファイターⅤのAR観戦が体験できるブースや、ゲーミングPCを設置したランパーティエリア、スマートフォンで最大100人同時対戦が可能なゲーミングエリア、2月にサービスを開始したゲームストリーミングサービス「Hatch」のブースを設置。一般公開日となる14日、15日には、ストリートファイターVなどの大会も開催する。吉田氏は、「5G時代におけるゲームの世界観を体感してもらいたい」とコメントした。

NTTドコモブース
NTTドコモブース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]