logo

グーグルのゲームプラットフォーム「Stadia」、担当幹部が計画を語る

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年09月11日 11時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのクラウドゲーミングプラットフォーム「Stadia」を担当するバイスプレジデント兼製品責任者、John Justice氏は米国時間9月8日、ゲームのトライアル版を用意するとともに、MOD(改造)をサポートし、ライブストリームのオプションを提供すると述べた。同氏によると、すべてのゲームでクロスプラットフォームのセーブ(データの保存)も推進していくという。

Stadia
提供:James Martin/CNET

 Justice氏は、Google Stadiaに焦点を当てたポッドキャスト「StadiaCast」にゲストとして登場した。同氏はインタビューの中で、クラウドゲーミングのサブスクリプションサービスであるStadiaではゲームのデモ版を提供する予定だが、新しいゲームを試すだけにとどまらないとした。Stadiaを試すことができるトライアルも予定している。

 Justice氏はまた、StadiaではMODのサポートとクロスプラットフォームのセーブを推進すると明言した。ただし、これらの機能を追加する時期について、同氏は明確なスケジュールを明らかにしなかった。ゲームや開発者に左右されるためだ。

 ライブストリーミングについては、契約者がストリームを視聴するだけでなく自らもストリーム配信できるようにする計画があるという。詳細はまだ調整中だが、ストリーミングはGoogle傘下のYouTubeで行われる予定だ。

 Justice氏はこのほか、アクセシビリティー向上の取り組みなどについても語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]