logo

複数の月経管理アプリがプライベートな情報をFacebookと共有していた--英団体

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高橋朋子 (ガリレオ)2019年09月10日 10時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国のプライバシー監視団体Privacy Internationalの最新調査で、複数の月経トラッキングアプリが、慎重な扱いを要するユーザーの情報をFacebookと共有していたことが明らかになった。「MIA Fem」や「Maya」などのトラッキングアプリは、避妊方法の使用、月経期間、月経に伴う症状などをユーザーが記録した際、その情報をFacebookと共有していたと、現地時間9月9日に同団体が発表した。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 すでにBuzzFeed Newsが報じているPrivacy Internationalの調査は、ダウンロード数が100万単位にのぼるアプリを対象に実施されたという。調査では、Plackal Techが提供するMayaや、Mobapp Development LimitedのMIA Femが、ユーザーの個人情報をFacebookなどのサードパーティーと幅広く共有していたことが明らかになった。

 Plackal Techはこの件に関するコメントの依頼に応じていないが、Privacy Internationalに語ったところによると、すでにMayaアプリからFacebookのコアSDK(ソフトウェア開発キット)と分析SDKを削除したとのことだ。一方、Mobapp Development Limitedにもコメントを求めたが、回答は得られていない。

 Facebookのポリシーでは、同社のSDKやAPIを使用しているサードパーティーのアプリから情報を取得できることになっている。代わりにSDKはアプリに統合されることで、分析機能やFacebookアカウントを使ったログイン機能を提供する。

 Privacy Internationalはその他、Linchpin Healthの「My Period Tracker」、Pinkbirdの「Ovulation Calculator」、Grupo Familiaの「Mi Calendario」の各アプリにおいて、ユーザーがいつアプリを開いたかをFacebookに知らせていたことも突き止めた。さらにMi Calendarioは、Facebook SDKの古いバージョンを使用していたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]