logo

「Apple Card」を数週間使ってみて--Apple Pay大好きなiPhoneユーザーにはお勧め - (page 3)

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2019年09月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特典

 Apple Cardの最大の特典はキャッシュバックだ。Apple Payで支払う場合、Apple CardはApple Store、App Store、iTunesでの購入、Uberの利用に3%、それ以外のあらゆるものの決済に2%のキャッシュバックを提供する。決済にスマートフォンやスマートウォッチを使用する人の場合、これよりも好条件のキャッシュバックカードを見つけるのは難しい。

 Uberの利用で3%のキャッシュバックを得られるというのは、Uberのアプリを使用する場合、Uber独自の「Uber Visa Card」よりもApple Cardで乗車料金を支払った方が実はお得ということである(ただし、Uberは食事や「Uber Eats」の支払いに対して4%をキャッシュバックするので、それらに関しては、Uber Visa Cardの方がApple Cardよりも優れている)。

 もう1つの特典は、年会費と遅延手数料がないことだろう。Appleのアプリも質が優れているので、特典とみなしてもいいかもしれない。

いくつかの小さな問題

 筆者がApple Cardを使った体験は、問題が全くないわけではなかった。サインアップした後、すぐにデジタルカードを取得できたが、物理カードは迷子郵便になってしまったようで、有効なカードが届くまでに数週間かかった。通常なら、数日で届くはずだ。

 筆者のアカウントでも妙な問題が発生し、Apple Cardに関連付けられたデジタルカード番号と有効期限の情報にアクセスできなかった。この番号は、オンラインで買い物をしたり、例えば電話でピザなどを注文したりするときに必要だ。通話と「iMessage」を通して、AppleとGoldman Sachsのサポートと何度かやりとりした後、両方の問題を解決することができたが、具体的に何がこの問題の原因だったのかは不明だ。

 Apple Cardを持っている同僚たちはそのような問題を報告していないので、筆者が遭遇した問題は例外的なケースだった可能性もある。

 Apple Cardは、革製の財布に入れておくと変色するという報告もある。筆者は数週間前から同カードを革製の財布に入れているが、今のところ変色はしていない。とはいえ、今後も注視する必要がある。

ほかのクレジットカードと比べてどうなのか

 Apple Cardを使った体験は、全体的にシンプルで分かりやすいものだった。シンプルなキャッシュバックカードを探しており、iPhoneの所有者で、Apple Payを使うことに抵抗がないのなら、2%のキャッシュバックを提供するApple Cardは有力な選択肢だろう。

 しかしながら、筆者は複数のクレジットカードを持っているので、今でもAmazonで買い物をするときは「Amazon Prime Visa」を、食事するときはUberのカードを使用している。Uberを利用するときは決まってApple Cardを使うようになったが、Apple Cardは依然としてDiscoverなどのキャッシュバックカードの後塵を拝している。Discoverのカードは特定のカテゴリーで5%のキャッシュバックを提供するキャンペーンを定期的に実施しているため、筆者は何度も同社のカードに切り替えている。

 Appleでの買い物に3%のキャッシュバックが適用されるのは素晴らしいことだが、ほとんどのAppleハードウェアは、サードパーティーのストアで購入した方がより多くの金額を節約できる。さらに、プレミアムカードと違って、Apple Cardはポイント還元プログラムを提供しておらず、延長保証や価格保護などのサービスもない。

 Uberとの提携を見ても分かるように、AppleはApple Cardの価値向上に取り組んでいるようだ。最初の段階としては、Apple Cardは将来性を示している。だが、筆者のメインカードになるには、もう少し多くの機能が必要だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]