logo

ボッシュ、ゴーグル不要の車載用3Dディスプレイを開発中--安全性と利便性を向上

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Robert Boschは、特殊なゴーグルなしで3D視可能な車載用3Dディスプレイ技術を開発中と発表した。

ゴーグル不要の3Dディスプレイ(出典:Bosch)
ゴーグル不要の3Dディスプレイ(出典:Bosch)

 この3Dディスプレイ技術は、ユーザーが3D視用ゴーグルを装着する必要がなく、ユーザーの頭の位置や視線を追跡することもなく、立体的な画像を見せられるそうだ。従来のダッシュボードに搭載される平面的なディスプレイよりも、表示された情報が把握しやすいという。そのため、進行方向にある危険物や渋滞の情報を素早く理解でき、安全性を高められるとしている。

安全性の向上に(出典:Bosch)
安全性の向上に(出典:Bosch)

 駐車する際には、後方の障害物や側面の壁などと車体との位置関係が分かりやすい。ナビゲーションでも、曲がる交差点の場所が直感的につかめる。

ナビも分かりやすく(出典:Bosch)
ナビも分かりやすく(出典:Bosch)

 Boschが引用したGlobal Market Insightsの調査レポートによると、現在150億ドル(約1兆6026億円)規模の世界車載ディプレイ市場が、2025年には2倍の300億ドル(約3兆2052億円)規模へ拡大するという。

 なお、同様の3D表示技術は、ContinentalVolkswagen(VW)も開発に取り組んでいる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]