logo

Continental、3D表示ダッシュボードを提案--専用ゴーグル不要で自動運転車向けに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツの自動車部品メーカーContinentalは、自動車のダッシュボード部分に各種情報を3D表示する技術「Natural 3D Lightfield Instrument Cluster」の開発を進めている。特殊な専用ゴーグルを使わず3D視が可能で、自動運転車への搭載を想定。

自動車のダッシュボード部分に各種情報を3D表示(出典:Continental)
自動車のダッシュボード部分に各種情報を3D表示(出典:Continental)

 この技術は、3D表示技術を手がける米国のLeiaと共同開発中のもの。専用ゴーグルや頭の位置をとらえるカメラなどを使わずに、3D映像が体験できるという。そのため、3D視可能な場所に制限がなく、たとえば自動車の前列シートに加え、後部座席に座った人も3D映像が見られる。

Leiaと共同開発(出典:Continental)
Leiaと共同開発(出典:Continental)

 3Dディスプレイを使うと、ナビゲーション用画面を3D効果で分かりやすく表示したり、標識や信号を目立たせたりといったことが可能になる。自動運転中であれば、3D映画などのエンターテインメントコンテンツも楽しめるだろう。

 Continentalは、2022年までに提供開始したいとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]