logo

フォルクスワーゲン、3Dホログラフ技術のSeeRealに出資--ダッシュボードなどで利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)は、3Dホログラフ技術を手がけているスタートアップ企業のSeeReal Technologies出資した。

SeeRealの3Dホログラフ技術(出典:VW)
SeeRealの3Dホログラフ技術(出典:VW)

 SeeRealは、ルクセンブルクに拠点を置く企業。特殊な専用ゴーグルを使わず3D視できる画像表示技術などの開発に取り組んでいる。VWとは、2018年より共同研究してきた。

 VWは、SeeRealの技術を自動車で利用し、各種情報を拡張現実(AR)表示するヘッドアップディスプレイや3Dダッシュボードを実現させる考え。たとえば、歩行者などに情報を重ねて表示して注意喚起したり、空中に各種操作用のスイッチを表示したりすることで、安全性と利便性を高めるとしている。

安全性の向上に利用(出典:SeeReal)
安全性の向上に利用(出典:SeeReal)

 2020年発売予定の小型ハッチバック電気自動車(EV)「ID.3」に、SeeRealの技術を応用した情報表示装置を搭載する計画。

 なお、同様の3D表示技術は、ドイツの自動車部品メーカーContinentalも研究を進めている。

Continentalが開発中の3D表示ダッシュボード(出典:Continental)
Continentalが開発中の3D表示ダッシュボード(出典:Continental)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]