logo

アップル、紛失防止タグを近く発表か--「iOS 13」内部ビルドに手掛かり

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2019年09月02日 10時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、「Tile」やサムスンの「SmartThings Tracker」と競合するスマートトラッキングタグを準備中だという。「iOS 13」の内部ビルドを調べたMacRumorsによる米国時間8月30日の報道によると、Appleのトラッカーは財布やバッグ、鍵のようなアイテムに取り付けられる可能性があるという。おそらく小さな円盤状で、中央にAppleのロゴがあるようだとしている。

Appleのロゴのある建物
提供:Corinne Reichert/CNET

 Appleは米国太平洋時間9月10日午前10時から、カリフォルニア州クパチーノにあるスティーブ・ジョブズ・シアターで「iPhone 11」を発表するとみられている。

 Appleによるスマートトラッキングタグの開発については、9to5Macが4月の記事で初めて報じた。MacRumorsは今回、同製品のコードネームが「B389」であることを特定したという。

 MacRumorsはまた、このタグがAppleの「探す」アプリに組み込まれ、「Items」という新しいタブで管理されると報じた。

 MacRumorsの記事によると、設定された「安全な場所」にある場合を除き、タグを付けたアイテムからユーザーが離れると、通知が送られるという。アプリのボタンをタップしてタグを鳴らすことができるほか、アイテムを紛失モードにすることで、それを見つけた他のiPhoneユーザーが所有者にテキストメッセージを送ったり、電話を発信したりできるとしている。

 記事ではさらに、紛失したアイテムを探すのに拡張現実(AR)が応用されている可能性があるとし、具体的には、アプリ起動時にスマートフォンの画面(とカメラ)を通して周囲を見渡すと、アイテムがある場所にARの赤い風船が浮かぶという。

 同アプリの内部コードにはこう書かれているという。「数フィート歩き回り、iPhoneを上下に動かすと、風船が視界に入ってくる」

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]