logo

不動産クラウドファンディングを手掛けるクラウド・インベストメントがシーアールイーらから資金調達

加納恵 (編集部)2019年08月29日 11時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 不動産のクラウドファンディング「FUELオンラインファンド」を展開するクラウド・インベストメントは8月28日、シーアールイーグループとの資本業務提携を発表した。

 クラウド・インベストメントは、クラウドファンディング事業のほか、システム開発やウェブサイトの運営などを手掛けるスタートアップ。2016年10月に創業した。

 シーアールイーグループとの業務提携では、シーアールイーとその子会社であるストラテジック・パートナーズとの間で実施。ストラテジック・パートナーズから出資を受けるほか、FUELオンラインファンドをシーアールイーグループが活用し、シーアールイーグループが案件のソーシングや管理等を、クラウド・インベストメントが投資家募集、管理業務等を行い、両者が共同してクラウドファンディング事業を推進していくとしている。

 あわせて、PropTech特化型のベンチャーキャピタルとして、6月に設立したデジタルベースキャピタルからの資金調達も実施した。デジタルベースキャピタル 代表取締役の桜井駿氏は「投資家の裾野を広げ、健全な不動産投資市場を整備、構築することは不動産業界のみならず我が国の経済を発展させる上で大変重要であると考えている。FUELオンラインファンドに取り組むクラウド・インベストメントは、不動産・金融分野の経験豊かなプロフェッショナルでチームを構成しており、大変期待している」とコメントしている。

 クラウド・インベストメントは、5月28日に、ソニーフィナンシャルベンチャーズが資金を拠出し、グローバル・ブレインが運営する「SFV・GB投資事業有限責任組合(SFV・GBファンド)」からも資金調達を実施している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]